BC話題速報

笑顔になれるような時事ネタや面白ニュース、スレッドのまとめ等を配信していくB(バカ)C(チャンネル)速報です。漫画・アニメ・ゲームネタ等も配信していきます。

    タグ:視聴率

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2018/10/21(日) 16:54:02.58 _USER9
    10月14日からスタートした阿部寛主演のTBSドラマ『下町ロケット』の視聴率が判明。初回は13.9%と、シーズン1の平均視聴率18.5%に比べて大きく数字を落としてしまった。 

    同作は2015年に放送されたドラマの続編で、原作は池井戸潤氏の同名小説。シーズン1の視聴率は最高22.3%を記録しており、いわばヒットが確約されたドラマだった。 

    にもかかわらず、出だしから大きく数字を下げてしまった今回の続編。視聴者の反応を見ていくと、どうやら1作目のヒットに気を良くして“奇をてらったキャスティング”をしたことが原因と言えそうだ。 

    もはやコント番組かのような出演者 
    ストーリー自体は大好評を博したシーズン1だが、本編には今田耕司、バカリズム、落語家の春風亭昇太、立川談春など、お笑い芸人が大量に出演。 
    また、ゲスト俳優にはルー大柴なども起用しており、キャスティングに関しては 
    「真面目なドラマだから浮いて見える」「お笑い勢のキャストがみんな棒読みで下手」「コメディードラマじゃないのに萎えるわ」などと、視聴者の不評を買っていた。 

    しかし、視聴率の良さに気を良くしたのか、今回のシーズン2にもイモトアヤコやお笑いトリオ『我が家』の坪倉由幸といった芸人を続々と起用。 
    さらに第3話には古坂大魔王もゲスト出演予定で、堅い作風に惹かれたシーズン1のファンを突き落とすようなキャスティングを続けている。 

    実際、ネット上には、 

    《話題性のためなら何でもアリっていう感じですね》 
    《視聴率取れるんだろうけど芸人が出過ぎじゃ…》 
    《かつてのいかりや長介くらい役者に力入れるなら分かるけど》 
    《はっきり言って滑ってるよ》 

    などといった厳しい反応が。また、 

    《1期でウンザリだったのにまた芸人増やすの?》 
    《これ以上、芸人が役者の領域を侵すのは見てられない》 
    《コテコテ関西弁の芸人さんはあんまり作風に合わないわ》 

    など、シーズン2になってから視聴を辞めたネットユーザーの声も上がっている。 

    このまま思うような数字が出なければ、芸人起用の方針を決めたプロデュ―サーやディレクターは詰め腹を切らされることになるかもしれない。 

    http://dailynewsonline.jp/article/1545244/ 
    2018.10.21 10:31 まいじつ

    160106shitamachi_eye-700x336.jpg 【『下町ロケット』の視聴率、もうメチャクチャ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    kogusoku-2018-08-27_11-17-30_399453
    【【朗報】「ちびまる子ちゃん」今年の最高視聴率5.6%→14.3%へ大幅アップ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    「ヒロアカ」の画像検索結果
    【【朗報】「僕のヒーローアカデミア」さんの視聴率、息を吹き返すwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    「猫娘」の画像検索結果
    【アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」、とんでもない視聴率を叩き出すwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:風吹けば名無し:2017/12/14(木) 13:18:51.39 ID:KPhoJy940.net

    うおおおおおおおおおお 

     


    なお過去最低クラスな模様 
    2000 22.5% 
    2001 16.3% 
    2002 19.0% 
    2003 21.2% 
    2004 21.8% 
    2005 20.1% 
    2006 21.3% 
    2007 20.7% 
    2008 19.7% 
    2009 18.5% 
    2010 21.7% 
    2011 19.9% 
    2012 18.3% 
    2013 18.8% 
    2014 15.4% 
    2015 16.1% / 13.5% 
    2016 12.6% / 11.0% 
    2017 13.6% / 11.1%
     
    【【FNS歌謡祭】アニオタ「アニソンの視聴率すげええええええ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2017/12/04(月) 09:49:41.82 ID:CAP_USER9
     3日に放送された日本テレビ系バラエティ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜・後7時58分)の平均視聴率が17・5%だったことが4日分かった。 

     「イッテQ!」は2月5日の「イモトWT99か国の軌跡―」が22・5%と、2010年2月21日放送回で記録した22・6%に続く番組史上2位の数字を記録。同12日の「祝10周年 イモトWT(ワールドツアー)に草刈正雄がやって来た!2時間SP」も22・6%を記録した。 

     今回は宮川大輔(44)がイタリアで行われた国際ポルチーニ選手権にリベンジ参戦した様子などが放送された。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ) 

    2017年12月4日9時32分 
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171204-OHT1T50097.html 

    画像 
    no title
    【【視聴率】宮川大輔が国際ポルチーニ選手権参戦の「イッテQ」強すぎ!インチキチーニが持ってくwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    690a0de8af13d88b8e1c442204b47db3

    ・27日に放送された女優・篠原涼子(44)主演のフジテレビ系「月9」ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」の第6話の平均視聴率が6・5%だったことが28日、分かった。 

    ・今回、智子が市長選に立候補。見事、当選を果たし、終盤に向けて物語は一気に動き出した。 衆院選のため、1週遅らせてのスタートとなった初回9・0%でスタートした今作品。

    ・毎回話題の1話限りのゲストは今回、シンガーソングライターの 藤原さくら(21)。高橋一生と秘めた関係の風俗嬢(今田美桜)との胸キュン・シーンも女性視聴者の話題を呼んだ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ) 

    篠原涼子主演の月9「民衆の敵」第6話は6・5% 前回から0・4ポイント下降 
    【篠原涼子主演の月9『民衆の敵』視聴率またも下がる】の続きを読む