ハロウィーンでゴミを散らかす若者の言い分「だって渋谷はゴミ箱が少ないじゃないですか」

記事より
・普段からクラブ帰りなどの若者が多い渋谷では朝方にゴミが散乱している光景が日常だが、ハロウィン当日は着替え用のテントやゴミ箱が設けられ、衣装などが路上に散乱しないよう対策を強化した

・しかし、それでもゴミをポイ捨てする仮装姿の若者からはこんな声が聞かれた。「だって渋谷はゴミ箱が少ないじゃないですか」

・渋谷駅周辺にはゴミ箱の設置がほとんどなく、20年前の地下鉄サリン事件や9.11のアメリカ同時多発テロ事件などを受け、東京のテロ対策が強化され次第に街からゴミ箱が消えていったという経緯がある

・一方で観光都市のスイスやパリ、9.11テロに見舞われたニューヨークの駅構内でさえも多くのゴミ箱が設置されており、これらに比べると東京ほどゴミ箱が少ない都市は珍しいというのが現状だ


この記事の反響
・同じ年代として恥ずかし過ぎる

・日本にはテロ対策能力があまりに欠けている。9.11の記憶は今も鮮烈。ゴミ箱はなくていい。箱がないなら持ち帰るのがごみ。それだけのこと。

・なら持って帰れ!…まあしかし,ゴミ箱があんまりにも少ないのは理解出来る。



 まぁ言い分もわかるけど、だからって道に捨てたらあかんよ。