BC話題速報

笑顔になれるような時事ネタや面白ニュース、スレッドのまとめ等を配信していくB(バカ)C(チャンネル)速報です。漫画・アニメ・ゲームネタ等も配信していきます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    「週刊文春」は昨年末、長年交際する恋人・井上真央(30)の存在がありながら、嵐・松本潤(33)が、人気女優の葵つかさ(26)と4年にわたり、毎週のように逢瀬を重ねていた事実をスクープした。 

    4月21日、葵が所属するグループ「恵比寿★マスカッツ」のファーストアルバム発売のプロモーション活動の後、その葵を「週刊文春」記者が直撃した。 

    ――記事が出た後に松本さんから連絡は来ましたか。 

    ……はい」 

    ――どのような連絡が? 

    心配してくれてるような内容でした」 

    2人の関係はどうなったのか。詳しくは4月26日(水)発売の「週刊文春」5月4・11日GW特大号で報じる。 

    a

    松潤“裏切りの4年恋人”葵つかさを直撃 (文春オンライン) - Yahoo!ニュース
    【『文春が葵つかさに松本潤とのその後を直撃取材』⇒彼女の口から出た言葉…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    254: 2017/04/27(木) 00:03:16.57
    カネキ「…やっ(何を言っているんだこの子は…)」 
    tokyoghoul122_6

    困惑しながらもちょっと笑顔になってる所が童帝っぽいwww
    【今週の「東京喰種:re」122話 あの質問に金木が気持ち悪くなるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    有村のふるさとは兵庫県伊丹市。空港から近いこの地で育った。共働きの両親と、2つ年上の姉でグラビアアイドルの有村藍里(26)の4人家族だった。 有村が小学2年生のとき、新築の一戸建てで暮らし始めた。 

    うちでアルバイトをしてくれたのは、高校時代の一年くらい。真面目にやってくれて、お客さんからの評判はよかった。上京するときは家族で空港まで見送りに行きましたが、こんなに有名になってくれるなんてね。今でもこっちに帰ってきたら、店に来てくれます」(市内の寿司店店主) 

    母親を支えるため、この店と蕎麦店でのアルバイトを掛け持ちし、一時は週に6日間働いていた。 

    女優を目指すようになったのもちょうど中学から高校にかけて。芸能界で成功して、女手ひとつで育ててくれる母に恩返ししたい思いがあった。 

    a

    有村架純 週6のバイトで母親を支えた高校時代 - ライブドアニュース
    【有村架純の高校時代がぐう聖でヤバイ…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:47の素敵な:2017/04/26(水) 15:00:02.12 ID:.net

    これは 

    【【画像】ソニー社長の愛人、橋本奈々未の最新画像がヤバイwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2017/04/25(火) 10:03:42.14 ID:iQDO0MDh0
    カールビンソン空母打撃群 (米第3艦隊、第5航空団) フルスペック 
    no title
    【カールビンソン空母打撃群、フルスペックが無敵の貫禄で草】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2017/04/25(火) 10:49:27.43
    トーカちゃん死んじゃ嫌ンゴォ…
    tokyoghoul121_18
    【最近盛り上がってきた「東京喰種:re」の話したいンゴ!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    中居正広の初主演ドラマ『味いちもんめ』(テレビ朝日系)は、1995年~1996年にかけて放送された厳しくも愛情あふれる先輩たちの中で成長してく伊橋の姿を描いた『味いちもんめ』は、年齢を問わず誰からも愛されるヒットドラマとなった。 

    ところが、厳しい先輩たちはドラマの中だけに存在するわけではなかった。『味いちもんめ』の撮影現場は、常に怒号が飛び交い修羅場の様相を呈していたという――。 

    まず監督が厳しかった。ジャニースのアイドルだからという特別扱いはなく、「なに言ってんのかわかんねえよ!」などと厳しく演技を指導した。すると中居も「うるせーよコノヤロー!」と食って掛かった。一触即発の状態で撮影は行われていた。 

    nakanokyouritu-img600x375-12937926574uxice20685

    中居正広主演ドラマ『味いちもんめ』、怒号飛び交う恐怖の撮影現場だった! - ライブドアニュース
    【中居正広主演ドラマ『味いちもんめ』の撮影現場が修羅場だった事が判明】の続きを読む